第33回JPBM全国大会

大会テーマ

『新・事業承継、新・経営』と専門家機能

~時代の変わり目にある中小企業経営と 専門家の新しい役割の羅針盤に!~

地域経済を支える中小企業の経営環境はドラスティックな転換期に入っております。特に事業承継問題は、今後経営や事 業全体をどう構想するかが重要になります。支援サイドは、単なる知識や対策から中小企業の新たな「経営」のあり方にま で深く係れるか、その知恵と実現力が求められます。JPBMは会員専門家とともに中小企業経営に役立つスキームを構築し、 さまざまな「連携」をかたちにした提案を本大会にてご提示します。JPBMの本全国大会にご期待ください!

一般社団法人 日本中小企業経営支援専門家協会

詳細のご案内および会員用申込書はこちら

 

詳細のご案内および一般用申込書はこちら

 

<企画>

7月19日(木) 会場 : 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
◆全国提案力コンテスト審査会(9:30~11:50)
(中小企業向け)
◆第14回定時社員総会(12:15~13:00)
◆第33回全国統一研修会PARTⅠ(13:30~17:30)
◆懇親会&交流会(17:40~19:30)

7月20日(金) 会場 : 中央大学駿河台記念館285号室
◆第33回全国統一研修会PARTⅡ(9:40~12:20)
◆第33回全国統一研修会PARTⅢ(13:20~14:50)

◇第33回全国統一研修会プログラム◇

7月19日(木)
PARTⅠ第1部(13:30~15:20)
*新時代の「事業承継/経営」支援とは

特例事業承継税制がスタートし、地域中小企業をめぐる事業承継支援が揺れ動いております。今こそ専門家は、しっかりとした見識と広域な視野を持ったアドバイスが必要です。当研修では、新時代の「事業承継/経営」支援を正面から捉え、特例事業承継制度を含めた、JPBMが取り組む支援のあり方と、求められる専門家の実務対応を研修、検討します。

図1

 <コーディネーター>JPBM会員 税理士 小林一仁

JPBMの事業承継相続の取り組みに沿って検討内容をリード
■履歴:小林一仁税理士事務所開業、株式会社 小林ビジネスセンター設立、智創税理士法人群馬事務所開設、代表社員

 

図2

<パネラー>JPBM会員 公認会計士・税理士 渡邊 芳樹

経営支援、M&Aを含めた先進会計事務所サイドから
■履歴:中央監査法人入所、公認会計士渡邊芳樹事務所開設、(株)キャピタル・ストラテジー・コンサルティング設立。日本公認会計士協会常務理事

 

図3

<パネラー>JPBM会員 弁護士 権藤 健一

相続法制や信託、債権債務等の法務実務サイドから
■履歴:権藤健一法律事務所開設、権藤・黒田法律事務所開設、法人化、弁護士法人権藤・黒田・岸野法律事務所設立、東京オフィス開設

 

図4

<パネラー>JPBM会員 税理士 村田 顕吉朗

特例税制の実務論点・課題とJPBM事業承継委員会サイドから
■履歴:会計事務所勤務後独立開業、村田顕吉朗税理士事務所所長、相続事業承継に強みを持つ

 

PARTⅠ第2部(15:30~16:50)
*専門家が顧問先に提案できる「ビジネスモデル」支援の現場から

会員がJPBMスキームを活用して、地域事業者の本業の付加価値向上を推進する取組みが進んでいます。今回、モデルケースから、会員が専門家実務の提供の延長線上で、どう活用し、事業者の成長に寄与していくのかを研修します。

特別研修(16:55~17:30)
*これからの事業再編等の重要施策と認定支援機関の役割(予定)

※統一研修会PARTⅠ終了後、経済産業省担当官より、「中小企業等経営強化法」改正等による、事業再編をはじめ実務に直結する最新および重要度の高い中小企業施策を研修する予定です。

7月20日(金)
PARTⅡ(9:40~12:20)
*医療法人制度改正の課題と対応

地域医療連携の環境は大きな転換期を迎えています。JPBM医業経営部では、医業承継支援や医業経営管理等の視点から、新たな制度とその要請に則った実務対応を展開します。本研修では、恒例の【シンポジウム】形式により、弁護士、会計士、社労士、医療機関関係者等の各分野より、医療法人制度改正の現状と事例から課題および実務対応を研修します。

■座長 医業経営部 公認会計士・税理士 松田紘一郎
■シンポジスト 医業経営部 弁護士 折田健市郎
医業経営部 社会保険労務士 原子修司
医業経営部 公認会計士 三橋留里子
社会医療法人 事務局次長 牧野雅哉

 

PARTⅢ(13:20~14:50)
*事業参画のご提案とノウハウ研修

JPBMから、地域中小企業経営を支援する各種取り組みをご提案します。
大手生保や経営者団体との連携支援を推進します。その一環で、中小機構との連携による管理
会計の普及支援の事業の詳細とツールの活用を研修します。

【特例対策】
前日の統一研修会PARTⅠ(第1部)を受けて、特例事業承継税制に対応する顧客アプローチツール(①制度の概要から実際の対象および要件チェックリストまでをまとめた冊子、および②チェックリストに連動させたシステムを合わせた活用キット)の研修を予定。その他JPBMが今後進める相続・事業承継支援の取り組みを合わせてガイダンスします。

 


 

☆第22回全国提案力コンテスト(中小企業向け)

会期:平成30年7日18日(水)~7月19日(木)
会場:【制作】中央大学駿河台記念館430号室
【審査会】御茶ノ水ソラシティホール

求められる専門家力を全国の事務所と競い合う!まずはチャレンジしてみてください!
*「新たな事業承継・経営支援の要請に応える!全国提案力コンテスト」

 

第22回となる今年の「全国提案力コンテスト」。7 月18日( 水) に提案書の作成、翌19 日の全国大会午前中にプレゼンテーションが予定されています。中小企業経営の実務提案力を徹底して鍛える、ますます充実の提案力コンテストとなります。チャレンジやリベンジ、未体験の事務所も大歓迎です。知的刺激に溢れた研修の場として是非ご参画ください。

1.今年は18 日10:00~20:00 の1 日での提案書制作になります。
2.10 チーム(2~3人一組のペア)募集します(申込先着順)。各チームのプレゼンテーションを19 日9:30~11:50 にて行います。
3.19 日の定時社員総会後に入賞チームの発表および表彰式を行います。
4.19 日午後から行われる統一研修会PartⅠにて、今回のコンテスト課題に関する狙いや今後の実務対応等を含めて研修したします。

平成30年7月18日(水:中大駿河台記念館)『提案書作成作業』10:00~20:00(中大駿河台)
*オリエンテーション、事案配布、作成作業 ※Microsoft PowerPoint A4使用
*~20:00 提案書提出締切

平成30年7月19日(木:ソラシティホール)『審査会(プレゼンテーション大会)』9:30~11:50(御茶ノ水ソラシティホール)
各チームプレゼン(各15分程・質疑含む)
『審査会(審査員にて実施)』12:00~12:30
*入賞チーム発表・表彰式 (12:45~定時社員総会終了後)

【参加チーム:募集要項】

定員:10組(申込先着順) ※2~3人1組のペアです
◆申込締切:7月9日(月)
◆参加費:10,800円(2人チーム) 16,200円(3人チーム)
◆集合時間:7月19日(木)9:30(受付)~
◆お申込み:別紙参加申込書に記載しFAX願います。後日参加要項をお送りします。
※プレゼンテーションのみ受講したい方:参加費3,240円(1人/Jシェア講習会参加含む)
★審査会は各事務所代表者1名無料参加いただけます!

 



 

詳細のご案内及び会員用申込書はこちら

 

詳細のご案内及び一般用申込書はこちら

 

<会場ご紹介>

access_accessmap
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
JR中央・総武線「御茶ノ水」駅 聖橋口から徒歩1分
東京メトロ 千代田線「新御茶ノ水」駅 B2出口〔直通〕
東京メトロ 丸ノ内線「御茶ノ水」駅 出口1から徒歩4分
都営地下鉄 新宿線「小川町」駅 B3出口から徒歩6分

〒101-0062東京都千代田区神田駿河台4—6御茶ノ水ソラシティ2F
TEL:03-6206-4855

https://solacity.jp/cc/

 

surugadai_01
中央大学駿河台記念館
•JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」徒歩約3分
•東京メトロ 千代田線「新御茶ノ水駅」(B1出口)徒歩約3分
•東京メトロ 丸の内線「御茶ノ水駅」徒歩約6分
•都営地下鉄 新宿線「小川町駅」(B5出口)徒歩約9分
※ご来校は、公共交通機関をご利用ください。駐車場の利用はできません。

〒101-8324東京都千代田区神田駿河台3-11-5
TEL: 03-3292-3111
http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

<お問合せ>

 一般社団法人 日本中小企業経営支援専門家協会(JPBM)
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-2-1カルフール神田ビル9F
TEL 03-3253-4711 / FAX 03-3526-3051
HP http://www.jpbm.or.jp / MAIL info@jpbm.or.jp
事務局担当 若松・松本・山形